まもなくかなたの ながれのそばで
たのしくあいましょう またともだちと
神さまのそばの きれいなきれいなかわで
みんなであつまる日の ああなつかしや
すいしょうよりすきとおる ながれのそばで
主をさんびしましょう みつかいたちと
神さまのそばの きれいなきれいなかわで
みんなであつまる日の ああなつかしや
ぎんのようにひかる ながれのそばで
おめにかかりましょう すくいのきみに
神さまのそばの きれいなきれいなかわで
みんなであつまる日の ああなつかしや
よいことをはげみ ながれのそばで
おうけいたしましょう たまのかむりを
神さまのそばの きれいなきれいなかわで
みんなであつまる日の ああなつかしや
「まもなくかなたの」聖歌 687番
"Shall we gather at the river"
Robert Lowry 1826-1899
Arranged by KS 05/05/31
.
御使(みつかい)はまた水晶のように輝いているいのちの水の川をわたしに見せてくれた。
ヨハネの黙示録 22章1節
はじめてメール差し上げます。 素敵なホームページを拝見させていただきました。
「まもなくかなたの」という賛美を久しぶりに聞きました。
一昨年、教会学校で自分は小学3年生の担任でした。
いままで元気に教会に来ていた子供がある日、はじめて教会学校を休みました。
翌日病気で入院して原因不明だと聞かされたのです。それから半年、イエス様のみもとに召されていきました。
最後に教会学校に来たときに、工作で紙粘土の十字架を作りました。それを作りながら子供は人間の形を十字架に
つけてふざけていました。ある男の子が「この人形ダレなんだよ!」と聞きます。
するとそれを作った子供もふざけて「これオレだよ!」と答えます。ふと、「みんなイエス様信じてるでしょ」と
言いますと、子供達は「ウンウン」と答えてくれました。
「だったら、イエス様を信じてるみんなはイエス様と一緒に十字架につけられたんだって聖書に書いてあるんだよ」と言うと、
子供はびっくりしたように「じゃあ、オレたち死んだってことじゃん〜!!」といいました。「そうだよ死んだんだよ」と答えますと、
この天に召された男の子は「じゃあ、僕たちよみがえったってことじゃん〜!!」と、そう言って最後の日曜学校から帰っていきました。
それから丁度半年。一度も退院することなく、教会に来る事もできませんでしたが、洗礼を受けて天に召されていきました。
この讃美歌は、この男の子の葬儀のときに私の奏楽で歌ったお別れの歌でした。
「まもなくかなたの流れのそばで、楽しく会いましょう。また友達と。」涙で楽譜が見えなかった葬儀、あれから時は経ちましたが
いまもあの声が忘れられません。「ぼくたちよみがえったってことじゃん!!」
このことを伝えるべく神学大学で学びを続けています。
素敵な賛美をありがとうございました。
東京都 Mark
Sent: Wednesday, May 25, 2005 12:21 AM
Subject:
+主の平和 ホームページ拝見しました
まもなくかなたの」聖歌 687番